吹付アスベスト除去工事(レベル1)

日本に輸入された石綿の9割以上はその優れた特性から建材として建築物に 使用されてきました。
一方で石綿を吸入すると健康障害を起こす危険があることから、関係法令等が整備され、労働者への石綿粉じん暴露防止措置が義務付けられました。
その後も関係省庁の通達等により、様々な措置が講じられてきました。
今後、石綿を使用した建物の老朽化が進むことから、解体工事や改修工事が増加することが予想されます。

「建設リサイクル法」「大気汚染防止法」「廃棄物処理法」「労働安全衛生法(石綿則)」「騒音規制法・振動規制法」「建築基準法」など複数の法律が複雑に絡み合う中、クワバラ・パンぷキンでは財団法人日本建築センター認定の「かぼちゃ工法(除去工法)」で、安全・安心・信頼のアスベスト除去を行っています。

アスベスト除去工事

アスベスト除去工事

アスベスト除去工事

アスベスト除去工事