手こわし解体工事

振動、騒音を抑え、最も環境負荷の少ない「手こわし解体工法」。現在ではこの解体工法が希少となりつつあります。
重機が入ることのできない住宅密集地においてその効果を発揮します。
読んで字の如く、熟練した職人が「かじや」と呼ばれる「バールのような解体専用工具」を用い、人力で解体を進めていく工法です。

精度の高い分別を実現し、リサイクル率は概ね85%以上。
「丁寧に解体してくれてありがとう」とお客様から感謝されることも多々あります。クワバラ・パンぷキンはこうした手こわし解体を伝承してまいります。

手こわし解体工事

手こわし解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

現在では最もスタンダードとなった「手こわし併用機械分別解体工法」。

建物内部造作をあらかじめ手こわしし、その後重機を搬入。
再資源化しやすく発生量が多い「木くず」や「がれき類」を重点的に分別しながら作業を進めます。

重機には「フォークグラブ」を装着し、手作業による分別と並行して作業を進めることにより、効率的に工期を短縮。概ね75%はリサイクル可能な解体工法です。

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事

手こわし併用機械分別解体工事