SDGs
持続可能な開発目標『SDGs』とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標『MDGs』の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された『持続可能な開発のための2030アジェンダ』にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。持続可能な世界を実現するための17のゴール、169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないことを誓っています。

外務省 JAPAN SDGs Action Platform
国際連合広報センター 持続可能な開発目標(SDGs)

クワバラ・パンぷキンは、SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。

女性も男性も平等に活躍できる環境づくり

SDGs ジェンダー平等を実現しよう
SDGs 働きがいも経済成長も
SDGs 人や国の不平等をなくそう

男性中心の建築業界ですが、女性のきめ細やかさや柔軟な対応は、依頼主に安心感を与えます。弊社では営業やドライバーにも積極的に女性を採用し、雇用環境を整備して女性の活躍を応援しています。埼玉県が推進する「ウーマノミクスプロジェクト」に賛同し、平成28年6月に<埼玉県多様な働き方実践企業>として認定を受け、常に女性の活躍を応援しています。

質の高い教育で社員に知識と自信の体力づくり

SDGs 質の高い教育をみんな

業務に必要な各種資格取得に向けて、自社内の講師養成はもとより、専門教育施設の教育費用をサポートしています。また、従業員の能力向上とやる気を奮い起こすため、資格取得者には奨励金を支給するなどし、質の高い教育を提供できるよう取り組んでいます。

地域の活性化、まちづくりの支援を

SDGs 住み続けられるまちづくりを

毎年地元で開催される『与野ばらまつり』『与野夏まつり』『花火大会』『ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム』など地域の行事を支援し、地元の皆様との交流を長年にわたり大切にしています。また、優れた舞台芸術を提供し、県民の芸術・文化活動に重要な役割を担う『彩の国さいたま芸術劇場』のサポーター会員として毎年支援しています。他にも、埼玉県より『彩の国ロードサポート団体』として認定され、ボランティア活動として国道122号線沿いの清掃活動を年4回以上行なっています。

各種リサイクル事業への取り組み

SDGs エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
SDGs 気候変動に具体的な対策を
SDGs 陸の豊かさも守ろう

人々の生活や経済活動からは様々な種類の廃棄物が排出されます。当社はリサイクルを主眼とした廃棄物処理施設を運営しています。「産業廃棄物」は木くず、がれき類(コンクリート塊)、廃プラスチック類のリサイクルを行っています。木くずはチップ化しバイオマス発電事業者へ、がれき類は再生骨材(RC40-0)として土木・建築業者へ、廃プラスチックはRPF(Refuse derived paper and plastics densified Fuel)化し石炭やコークス等の化石燃料の代替として大手製紙会社へ販売しております。

また、当社では「一般廃棄物」のリサイクルにも注力しております。埼玉県加須市との共同事業であります『緑のリサイクル事業』は、加須市内から多量に発生する一般廃棄物由来の木くず(樹木の剪定枝など)を、加須市の運営する処理施設で焼却せず、当社において再資源化(チップ化によるリサイクル)する事業です。木くず類を焼却せずにリサイクルすることで、ごみ焼却量の減少、資源化の促進を図り、CO2削減への貢献、循環型社会の構築を目指すことを目的とします。

SDGs
SDGs